iRobotの全自動床拭きロボット、ブラーバ380jをレビューする

レビュー系

はじめに

時短三種の神器として最近人気を博しているアイテムに、ロボット掃除機、食洗器、洗濯乾燥機があります。この中のロボット掃除機は毎日の掃除の手間を減らすのに有効であることは言うまでもないのですが、高価でなかなか手が出ないですよね。

そんな人にお勧めなのが、iRobotの床拭きロボットクリーナーBraava 380jです。今回はこのロボット掃除機をレビューしてみたいと思います。

どんな人にお勧めできる?

ずばり、

  • ルンバがほしいけど、高くて手が出ないという人
  • 音を気にせず、早朝や深夜にロボット掃除機を動かいたい人
  • 賃貸ワンルームなど、比較的狭い部屋にロボット掃除機を導入したい人
  • とにかく時短したい人

にお勧めできます。ルンバを買いたいけど失敗したくないからとりあえずBraavaでお試し、という感じで購入するのもいいかも。

Braavaのいいところ

お値段が比較的リーズナブル

ふつうの掃除機と比較したらもちろん高めですが、ロボット掃除機の相場で比較したらかなりお手頃。ルンバだと種類にもよりますが10万円近くしますからね。

万が一お気に召さなかった場合でも、製品自体の需要はかなりあるので、メルカリで出品すればかなりの額で売れます。

とにかく静か

ルンバはゴミを吸引しながら稼働するので、どうしても騒音が出ます。対してBraavaであれば吸引ではなくモップでゴミを拭きとるので、聞こえる音は走行用のモーターの音のみ。しかもそれ自体ほとんど音がしないので、寝ている人を起こさないレベルで静かです。

ちょっといまいちなポイント

予約機能はない

ルンバだと指定の時間帯に勝手に起動して掃除し、最後には充電ポートに自力で帰還する予約機能がありますが、こちらのBraavaにはそれがありません。

床に置く、起動、停止後に充電ポートに戻す、という操作は人が行わなければなりません。

水くみは若干面倒

水拭きの場合、おそうじの度にワイパー部分のタンクに水を入れなければいけないのですが、これが若干面倒です。Braava Jetだと本体のタンクに一度水を入れてしまえば掃除のたびに注入する必要はないのですが。

そのほか

替えのモップはAmazonで買えます

モップは使うたびに汚くなるので、定期的に交換する必要があります。替えのモップはAmazonや大手家電量販店で販売されているので、そちらで購入できます。

まとめ

いかがでしょうか。ロボット掃除機を導入したいけどいきなり最新のルンバは敷居が高い、そんな人にお勧めできます。

コメント