TOEICと英検、あなたはどちらを受けるべき?

英語

はじめに

今や日本で一番受験人口が多いといっても過言ではない英語資格のTOEIC。受験料の安さや開催頻度が高いことから、「お手軽に受けれる英語系資格」として人気を博しています。

一方、それと同じくらい有名なのが英検です。TOEICとは異なり日本限定の資格ですが、古い歴史を持つ検定で認知度も高く、それなりのネームバリューもあります。

そこで、どちらの検定を受けるべきか、状況別にまとめてみました。

まず、TOEICと英検の違いは何か

どちらも英語力を測る資格試験であることは間違いありません。また、どちらのテスト内容も良質で、TOEICでハイスコアをとれる人、あるいは英検合格者の英語力はしっかり保証されます。

しかし、テストの傾向や問われる内容はかなり異なります。どちらを受けるかを決める前に、まずはこの傾向の違いを理解する必要があります。

以下でその違いをかいつまんで説明します。

アウトプットスキルが問われるかどうか

英検は、1~3級で「アウトプットスキル」が問われるのに対して、TOEICの場合はそれが全く必要ありません(LRテストの場合)。英検は四技能のバランスの良さが求められるのですが、TOEICではライティングとスピーキングスキルが全くなくても、高得点が取れてしまいます。

実際、TOEICの高得点者でもスピーキングは全くダメ、っていう人は結構います。

アカデミック寄りかビジネス寄りか

TOEICは、ビジネスコミニケーションで使える英語力を図ることを目的としているので、テストの内容はメールの文章などの事務的やり取り、電話、書類の読解など、がかなり多めです。対して、英検は中学や高校が受験を進めているだけあって、その内容は歴史や科学などの学術系コンテンツをメインとしています。

社会的有用性があるかどうか

TOEICは大学の単位取得要件になったり、昇進の必要条件になったりすることがよくあるので、資格としての有用性はかなり高いです。しかしながら、英検の場合だと、たまに大学の入試で使えるときもありますが、その幅はかなり限定的です。

以上を踏まえると…

以上を踏まえて、どちらを受けるべきかまとめました。

こんな人には英検がおすすめ

純粋に英語力を試したい人

純粋に四技能の実力が知りたい人は、英検がおすすめ。スコアシートでバランスがわかるので、弱点、補強すべき分野もわかります。

留学や海外旅行などの前に、実力を試したい人

留学や海外旅行など、英語のアウトプットをする予定の人は、下準備として受験してもいいかもしれません。スピーキング練習の動機付けにもなります。

こんな人にはTOEICがおすすめ

とりあえずスコアが必要な人

大学や会社の要件でとりあえず必要って人は結構いると思います。そのような場合は当たり前かもしれませんが、TOEICを受けましょう。

実際にビジネスで英語に触れる人

海外支社とのやり取りなど、日本にいても実際に英語でコミニケーションをとる場合もあります。そのような機会がある人は、TOEICの受験をしたほうがいいかなと思います。一通り対策して受験するだけでも、スキルをそのまま仕事に還元できます。

英語でインプットする機会がある人

洋書を読んだり、海外ドラマを見ることを趣味としているひとにもおすすめかも。インプットスキルを集中的に鍛えられるので、かなりマッチします。

無料から始められる。英語やるならオンライン英会話がおすすめ

スクールの無料体験のように、オンライン英会話も実は無料で体験することができます。気に入らなければ体験期間中に解約すれば料金は発生しないので、手軽に試すことができます(解約し忘れにくれぐれもご注意ください)。

私のおすすめは大手二社の「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」です。二者の差別化要素は正直なところないです。ただ、どちらも最大手なので、安心感が違いますね。詳しいレビュー記事はこちらから

DMM英会話

f:id:overconfidence1117:20181112193916p:plain

オンライン英会話業界で急成長中のDMM英会話です。

なんと24時間365日レッスン可能で、これは業界の中ではかなり珍しいです。完全無料体験レッスンの申し込みはこちらから↓

レアジョブ英会話

f:id:overconfidence1117:20181112194221p:plain

オンライン英会話業界No.1の会員数を誇るレアジョブ英会話。

資格試験対策など、幅広いプランがあるのが特徴です。こちらも今なら三回まで無料でレッスンを受けることができます。

もちろんスクーリングもおすすめ

もちろん英会話スクールの無料体験もお勧めできます。私の無料体験レッスン体験記はこちらから。

コメント