JREポイントを自動券売機経由でSuicaにチャージする方法

はじめに

VIEWカードで貯めたポイントやエキナカでのSuica利用で貯めることができるJREポイントは、登録したSuicaに1ポイント=1円のレートでチャージすることができます。

チャージは1ポイントから可能であり、たまったポイントを有効活用できるので非常に便利なのですが、チャージする手順が少し複雑で面倒くさいのが難点です。そこでこの記事では、JRの駅の自動券売機を利用してJREポイントをSuicaにチャージする方法を解説します。

チャージの手順

まずはネットで事前に申し込む

My JR EASTにログインをして、ネットから事前に申し込みをする必要があります。「ポイントを使う」というタブをを開くと、ポイントをSuicaにチャージするという項目があるので、そこから申請をしましょう。

自動券売機がある駅に行き、券売機を操作する

申請をしたら、JRの駅に行ってSuicaマークがあるJRの券売機(黒いやつ)を操作する必要があります。

まず、現金でチャージするときと同じように、Suicaのカードを差し込んで「チャージ」のボタンをタッチします。

いつも使うボタンは画面中央の「500円」「1000円」あたりかと思いますが、今回はこのすぐ下にある「ポイントチャージ」をタッチしましょう。

この画面が出てくるので、特に問題なければ「次へ」を押します。

最後にこの画面が出てきますので、「チャージする」をタップしましょう。チャージ金額はネットで申請した時と同じ額になります。

JR EASTのアカウントとお手持ちのSuicaがあらかじめ紐づけされているので、券売機でアカウント情報などを入力する必要は一切ありません。このあたりはかなりありがたいですね。

注意事項

JREのアカウントとSiucaを事前に紐づけしておく必要がある

SuicaのID情報をMY JR EASTのアカウントに紐づけておく必要があります。

VIEWカードと一体化したSuicaの場合、VIEWカードとSuicaを別々に紐づけする必要がありますので、注意しましょう。(VIEWカードだけ登録してもSuicaを登録したことにはなりません)

ネットで申し込みをした当日にはチャージできないので注意

出先でJREポイントをチャージしようとしてスマホで申し込みをして、その場でチャージ、ということができないのが何とも残念なポイントです。通勤や通学などで毎日電車を利用しない人や、JRをあまり使わない人にとってはかなり面倒な仕様かも。

期限を過ぎたらチャージできない

ネット申請から一週間以内にチャージをしないとチャージができなくなってしまいますので、注意してください。

コメント