「50選」「100選」などのまとめ記事が全然選んでない理由

旅先のおすすめスポットやイチオシグルメを紹介する記事で、以下のようなタイトルのものを目にすることは多いと思います。

  • 厳選!○○のおすすめグルメ50選!
  • ××に行ったらぜひ行きたいおすすめスポット100選

ですが、ユーザーからしてみれば、「全然選んでないじゃん…」となりますよね。おすすめやイチオシなんて、多くても10個ぐらいじゃない?と思う人も多いはず。中身が薄いくせに文章は冗長で、価値がないサイトであることがほとんどです。

また、ランキング形式の記事もよくあるのですが、「ベスト50!」「ベスト100!」などのように、これまた母数が多くて、ランクも何を基準として作成されているのかわかりません。

そこでこの記事では、こんなユーザーアンフレンドリーな記事がまかり通ってしまう理由を解説します。

答えはGoogleのアルゴリズムにある

50選や100選など、全然選んでいない記事が量産される理由として、Googleが網羅性の高い、情報量の多いサイトを価値ありと判断することがあげられます。Google公式もそのように見解しており、少なくとも今ではSEOの常識になっています。

網羅性というのは、情報が断片的でなくすべてカバーされていて、ヌケモレがないことをいいます。網羅性を追求した結果、「かけることを全部書く」というスタンスが基本となり、ユーザーのニーズを無視したコンテンツが量産される結果となっています。

まとめサイトの価値はこれから下がると思う

このような現状を踏まえると、価値の低い50選や100選などの「まとめサイト」の評価はどんどん下がっていくと予想されます。

まとめサイトというのは、ネットの断片的な情報をまとめただけのサイトです。一次情報がほどんどなく、コンテンツの信ぴょう性もかなり低いことが多いです。

有名どころでいえば、「Naverまとめ」や「2chまとめ」が有名です。この手のまとめサイトはSNSの投稿、掲示板のカキコミなど、だれかが言っていたことをつなぎ合わせただけのコンテンツであり、薄利多売で生産されています。

【SEOの歴史】網羅性とかもう古いかもね - ポチ丸のアフィリエイトで稼ぐ仕組みの作り方|ポチログ

網羅性の高いコンテンツが量産された結果、今では似たようなコンテンツがはびこることになりました。実際、Googleはこれらまとめサイトの類の評価を下げる方向に進んでいるらしいです。

さいごに

今後どのようになるかは誰にもわかりませんが、少なくともコモディティー化したまとめサイトは淘汰されていくことが用意に予想されそうです。

コメント