英語はネイティブから学べばいいというわけではない。その理由を解説

英語

ネイティブ=良い、という意見はおかしいのでは?

英語学習者が利用する英会話スクールですが、「講師はすべてネイティブ!」みたいな謳い文句、よくありますよね。このせいもあってか、英語を教わるならネイティブからがベストで、ノンネイティブや日本人から教わるのはある種の妥協案、という考えが蔓延しています。

しかし、ネイティブに教わる→英語が上達する、というのははたして本当なのでしょうか?今回はそんな素朴な疑問に答えていこうと思います。

そもそもネイティブって何?

ネイティブというのは、英語圏で生まれ育ち、英語を母国語として使う人のことです。自力で学習して、外国語として習得したのではなく、日本人が日本語を習得するのと同じ流れで英語を習得した人ってことですね。

具体的には、アメリカやイギリスなどで生まれ育った人が、ネイティブイングリッシュスピーカーに該当します。

日本人には、ネイティブ信仰がある


多分、日本人にはある種の「ネイティブ信仰」みたいなのがあると思うんですよね。ネイティブがベストというよりもむしろ、ネイティブから教わらなきゃだめだ!みたいな感じです。

「無農薬野菜じゃなきゃダメだ!」とか、「サードパーティーではなく純正じゃなきゃダメだ!」とか、「国産無添加じゃなきゃダメだ!」などの、純粋できれいなものしか認められない国民性のようなものが、ネイティブ信仰にも現れているんじゃないかと思います。

ネイティブから教わっているとむしろデメリットを被る

また、ネイティブから教わることは、ノンネイティブから教わることの上位互換であるかのような認識もありますが、それもおそらく誤りです。それどころか、ネイティブからしか英語を学ばないとある種のデメリットを被ることになります。

まず、ネイティブスピーカーの英語ばかり学んでいるのは、キレイで上品な格式高い英語のみを学ぶのに等しいです。実践英語では、母国語なまりの激しい泥臭い英語を聞く機会のほうが正直多いですし、「汚い英語」をおろそかにすることはかなりディスアドバンテージになります。

ちなみに、世界の英語話者のうち、ノンネイティブスピーカーの数のほうがネイティブスピーカーよりも多いです。意外ですよね。

また、外国語として英語を習得した人から教わると、学習者目線でノウハウを学ぶことができます。発音や文法をフィーリングではなく、理論として学べるので、この点からはノンネイティブから教わるほうがメリットです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ネイティブから英語を学ぶ、というのはベストウェイではありません。目標を明確にして、学習の手段を選びたいものですよね。

コメント