【英語】英会話で知ったかぶりはNG!わかったふりがダメな理由を紹介

はじめに

皆さまの中にも、英語を聞いて「わかったふり」をしてしまった経験がきっとあると思います。

特に留学先でのおしゃべりや、仕事上の英語実務などでよくあるのですが、聞き手に回っているときに相手が何を言っているのか、ラフにしかわからない、あるいは全然わからないというとき、わかったふりをしてしまいがちです。

今回は、知ったかぶりがなぜダメかということと、そのようなシチュエーションに直面した時にどうすべきか、ということをまとめてみました。

どのようなときに「知ったかぶり」をしてしまうか

特に起きやすいのが、大人数の会議や集団でのおしゃべりの時です。

話の輪に一応入っているものの、聞き手に回っていると話がどんどん進み話題についていけないことがよくあるのですが、そのようなときに「知ったかぶり」をしてしまいがちです。

以下で、こうなってしまわないための対策をまとめました。

相手の言葉がわからなかったらこのように対応しましょう

素直に聞き返す

実践での会話はリスニング問題ではありません。

TOEICでは一回こっきりしか音源が流れないので、そのせいもあってか「必ず一発で聴きとらなければならない」という先入観が植え付けられているような気がします。

聞き直すことは恥ずかしいことでもなんでもないので、わからないことがあったら素直に聞き直すことが大事です。聞き返しても減点されませんので。

Sorry but could you say it again?

や、あるいは

Sorry, I cannot catch up with you.

がおすすめです。ちなみにですが、Pardon?はあまり使われません。

Yes.やOK.ばかり使わない。

よくあるのが、相手の言葉に(理解してるしてないにかかわらず)逐一イエスイエスとイエスばっかりで応答してしまったり、オーケーオーケーで対応しすぎてしまうことです。相槌ばかりうつ「相槌マン」もよくあります。

このように対応されると相手は、「自分の言っていることが全部わかっているんだな」と思いながら会話を続けてしまうので、場合によってはどんどん話が変な方向に進んだり、かみ合わなくなってしまい、非常に危険です。

このようなことを避けるためには、要所要所で相手の言いたいこと(ポイント)を確認していくといいでしょう。例えば、

So What you truly want to say is that ~ right?(あなたが言いたいことは~ですね?)

等の発言を会話の中に挟みましょう。もし自分の理解が間違っていたら、相手が訂正してくれますし、もう一度説明してくれます。

場合によっては、相手の会話をぶった切る

特にアメリカ人の英語でよくある、という印象なのですが、ネイティブ話者はとにかくマシンガントークが好きで、こちらが黙っていてもとにかくよくしゃべります。

話を聞いているほうが理解しているかしていないかなんて関係なしに、とにかくしゃべりまくることもよくあるので、黙っていたら完全に置いてけぼりにされてしまいます。

そのようなときには、こっちから会話をぶった切って、会話の主導権をこちらに持ってくることも必要となります。結構大変なのですが、これも大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。わかったふりや知ったかがダメな理由とその対策を紹介しました。

どんなときも積極的に会話に参加できるようになりたいものですね。

コメント