即日効果あり、ノンネイティブが英語をそれっぽく話す方法

英語

はじめに

英語の発音って、難しいですよね。日本人がトレーニングして英語の発音を習得するのは、かなりの根気と努力が必要なことは言うまでもありません。

しかし、これさえ最低限意識しておけば、「それっぽく」話せるようになるという方法があります。今回は、ノンネイティブが英語を今日からそれっぽく話すための方法を伝授します。

これを意識すれば発音はだいぶマシになる

reduction(リダクション)を意識する

リダクションとは、単語の中の一部の子音が消えてなくなってしまう現象です。結構頻繁にあるので、意識してみましょう。

goingはゴーイングではなくゴーイン(goin)、butterはバターではなくバアー(buer)というと、カタカナ英語から一歩遠ざかることができます。

linking(リンキング)を意識する

英語では前の単語とその次の単語の音がつながって、あたかも一つの単語のように発音されることがよくあり、これをリンキングといいます。

自分がしゃべるときも、このリンキングを意識してしゃべると、それっぽくなります。一語一語丁寧に話すのも悪くないのですが、どうしてもロボットみたいになってしまうんですよね。

よくあるリンキングは以下のようなものです。

not same→ナッセー
need to be→ニートゥービ
a whole of→アホーオブ

発音よりもまずイントネーションとアクセント

イントネーションというのは、日本語で言えば抑揚のこと。文章の中での音の上げ下げや、協調する箇所を強めに言うなどのことです。また、アクセントというのは、文ではなく単語でどの場所を強調するかのことです。

イントネーションとアクセントが雑だといわゆる「カタカナ英語」になり、聞き手も理解に難儀しやすいです。

イントネーションとアクセントは声の強弱や音の高低だけでコントロールできるものなので、ネイティブがどうこうとかは関係なく、すぐ改善できます。あまり意識していなかったのであれば、今日から意識しましょう。

別にスピーディじゃなくてもいい

結構ある勘違いなのですが、ペラペラスピーディに話すことが上手な英語のコツではありません。無理に早口にしないで、ゆっくり確実に、丁寧に話すことをまず心がけましょう。日本語の上手い下手も発話スピードは関係ないですよね。

ネイティブが言っているように口真似する

ある意味当たり前かもしれませんが、ネイティブが言っているように自分で口真似して言えば、必然的に発音は本物に近づきます。

お勧めの方法はシャドーイング、可能であればネイティブとin person(対面)で行い、その場でフィードバックをもらいながらトレーニングしましょう。

まとめ

いかがでしょうか、どれも意識すれば今すぐにでも試せるものです。ぜひカタカナ英語を脱却してみてください。

無料から始められる。英語やるならオンライン英会話がおすすめ

スクールの無料体験のように、オンライン英会話も実は無料で体験することができます。気に入らなければ体験期間中に解約すれば料金は発生しないので、手軽に試すことができます(解約し忘れにくれぐれもご注意ください)。

私のおすすめは大手二社の「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」です。二者の差別化要素は正直なところないです。ただ、どちらも最大手なので、安心感が違いますね。詳しいレビュー記事はこちらから

DMM英会話

f:id:overconfidence1117:20181112193916p:plain

オンライン英会話業界で急成長中のDMM英会話です。

なんと24時間365日レッスン可能で、これは業界の中ではかなり珍しいです。完全無料体験レッスンの申し込みはこちらから↓

レアジョブ英会話

f:id:overconfidence1117:20181112194221p:plain

オンライン英会話業界No.1の会員数を誇るレアジョブ英会話。

資格試験対策など、幅広いプランがあるのが特徴です。こちらも今なら三回まで無料でレッスンを受けることができます。

もちろんスクーリングもおすすめ

もちろん英会話スクールの無料体験もお勧めできます。私の無料体験レッスン体験記はこちらから。

コメント