クラウドソーシングサイトUpworkとは何?使い方を徹底解説する

フリーランス

Upworkとは何?その使い方を解説

フリーランスとして働き始めたときに、営業せずに案件を獲得できるクラウドソーシングサイトは非常に重宝します。最大手の「ランサーズ」と「クラウドワークス」が日本では一番メジャーで、クライアント、ランサーともに利用者はかなり多いですが、市場が日本限定であり案件数がまだ少ないのが実情です。

そこでお勧めなのが、世界市場をターゲットにしたクラウドソーシングサイトを利用すること。今回は、大手クラウドソーシングサイトのUpworkを例にとって、使い方などを解説します。

Upwork(アップワーク)とは

Upwork(アップワーク)は、ランサーズやクラウドワークスと同様のクラウドソーシングサイトです。ランサーズやクラウドワークスはアメリカ、シリコンバレー発のクラウドソーシングモデルをお手本に日本で発展したため、Upworkのほうが本家ということもできます。

基本的な仕様は日本のサイトと同じで、クライアントが仕事を発注してランサーを公募し、ランサーがそれに応じて手をあげて、仕事を受注する仕組みになっています。ただ、市場が世界規模なので、案件の数などが日本のそれとは比較にならないほど多いのが特徴であり、大きなメリットです。

登録しているランサーの数は1,000万人で、東京都の人口と同じくらいの人です。

Upworkの使い方

使い方は簡単で、公式ページにいってsign upすれば、簡単にアカウントを作成できます。あとはできそうなプロジェクトに提案して、相手の返事をまちましょう。

提案するときにはconnectというトークンを2つ消費します。月初に60 connectsにリフレッシュされるので、無料プランであれば毎月最大30案件に提案できます。

無料プランであれば利用料は全くかかりません。報酬の20%がシステム利用料として天引きされる仕様になっていますが、マイナスになることはないので、とくにがっつり使うつもりでなくとも、とりあえずsign upしておくのもありです。

また、放置しておいてもクライアントからオファーが来るときもあります。オファーの受託であれば、connectを消費しないので、かなりお得です。

まずはプロフィールを充実させよう

アカウントを作ったら、まずはプロフィールを充実させましょう。なるべく空欄や書き込んでない箇所を作らないようにします。

プロフィールの文章は、「なるべく長く」がお勧めです。冗長すぎるのもよくないですが、ここで自分のオリジナリティや、スキルセットを明確にしておくといいでしょう。

他にも、Educational History(学歴)やEmployment History(職歴)を書く欄などがあります。かけるところはとにかく埋めて、充実感を出しましょう。

ランサーズなどにない独自の項目に「Skill Test」というものがあります。これは、特定のスキルテストをパスした場合にプロフィール上に表示可能であり、自身のスキルを証明するものの一つになります。スキルテストは無料で何度でも受けられるので、暇なときに受けてみるといいでしょう。

意外と忘れがちなのが、プロフィールアイコンです。イラストやアイコンなしでももちろんいいのですが、やはり自分の顔写真のほうが相手に与える安心感が違います。結構自分の顔写真にしている人は多いので、特に気にせずにアップしても問題ないでしょう。

おすすめの提案方法

Upwork上の日本人のランサーはまだまだ少ない印象です。この希少性を生かして、日本人にしかできない案件に積極的に提案すると、うまく通りやすいです。

  • 和英、英和翻訳
  • 日本国内でしかできない現場調査、インタビュー

などが狙いめです。「Japan」や、「Japanese」で検索すると、この手の案件が見つかりやすいです。

体感ですが、日本系案件に提案するランサーの9割くらいは、非日本人です。倍率10倍程度であれば、日本人であるというだけで簡単に通過できます。提案分には、”I am native Japanese.”を加えとくと通りやすいです。

さいごに-Upworkは日本人にこそおすすめ

いかがでしょうか。当たり前ですが、クライアントとの会話など、操作全般はすべて英語で行うことになります。英語でコミニケーションをとることに抵抗がないのであれば、Upworkを使わないてはありません。ぜひ、チャレンジしてみてください。

コメント